揮発性有機化合物(VOC)分析 (1)

印刷する

概要

揮発性有機化合物は、VOC(Volatile Organic Compounds)、別名VM(Volatile Materials)と呼ばれている。試料からVOCを抽出・濃縮捕集し、ガスクロマトグラフ質量分析(GC-MS)で分析する。捕集方法には種々の手法があり、目的に応じて適切な方法を提案する。

熱抽出(加熱脱着) - 動的ヘッドスペース DHS(Dynamic Head Space)

ヘリウム気流下で試料を加熱し、発生した揮発成分を液体窒素で冷却捕集(クライフォーカス)
その後、急速加熱してガスクロマトグラフ(GC)に導入する方法

  • 発生ガスの全量導入が可能 ⇒ 微量分析に適する
  • 絶対定量が可能な場合もある

熱抽出(加熱脱着) - 静的ヘッドスペース SHS(Static Head Space)

試料をバイアル(10or20ml)に入れて密閉し、恒温で一定時間加熱
気固平衡に達したバイアルの気相部(ヘッドスペース部)の一部をGCに導入する方法

  • 比較的、低沸点成分の分析に適する
  • サンプル間の相対比較に適する
  • 加熱温度を調節すれば、試料が水でも測定可能

検索番号7006

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら