自動車内装材、包装材料等のVOC(揮発性有機化合物)の測定

印刷する

概要

各種の捕集方法とGC/MS、HPLCの組合せで自動車内装材、包装材料等から発生するVOCの測定を行います。

試料形態やVOC発生量に応じて、4種類のVOC捕集方法から選択します。

吸着管捕集
VOC成分を吸着管に吸着捕集する守備範囲の広い捕集方法です。
固相担体捕集
VOC成分を固相担体に吸着捕集します。容器等の内部のVOC分析に適しています。濃縮効率が高いので微かなVOCも測定できます。
テドラーバッグ内加熱/吸着管捕集
テドラーバッグ内に試料と窒素を入れ、一定温度に加熱してVOC成分を放散させて、バッグ内のガスを吸着管捕集して、アルデヒド類やトルエン、キシレン等を測定する方法です。
自動車内装材の評価に広く活用されています。
直接加熱/冷却捕集
試料を直接加熱してVOC成分を熱抽出します。成形加工時のVOC等、高温で発生するVOC成分の補足に特に有効です。

検索番号7003

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら