レーザー回折・散乱法による微粒子の粒度分布測定

印刷する

概要

可視光の散乱(回折)現象を利用して、nmからmmオーダの幅広い範囲にわたり粒度分布を測定します。

粒度分布測定範囲: 0.02μmから2000μm
分散媒: 水または有機溶媒(乾式法により分散媒なしでも測定可能です)

測定原理

He-Neレーザ光、Wランプ光を照射して側方ならびに後方に散乱した光の空間的な分布を測定し、その結果より粒度分布を求めます。

測定原理図

測定例

エタノールを分散媒とし、1分間の超音波分散後のトナーの粒度分布を測定しました。
その結果、最小粒径2.60μm、最大粒径152.45μm、メジアン径(体積基準)11.48μmを示しました。

検索番号7001

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら