両面テープの密着性評価 -LFMによる摩擦力の温度依存性測定-

印刷する

概要

粘着剤の密着性には、粘着剤表面のガラス転移温度(Tg)が密接に関与している。
LFM(水平力顕微鏡)を用いた材料表面の摩擦力の温度依存性測定により、分子運動性を解析することで、表面の密着性が評価できる。

水平力顕微鏡を用いた摩擦力の測定法

カンチレバーを水平方向にScanさせることにより、その変位(摩擦力)を検出

幅広く温度依存性を測定することにより、粘着性が発現するまでの温度領域下での摩擦力より、密着性を評価できる

市販の両面テープでの摩擦力温度依存評価事例

試料 室温で接着力の異なる2つの両面テープ  接着力:テープA>テープB

接着力の異なる2つの両面テープにおいて、軟化点までの摩擦力の温度依存性に差が見られ、これらは密着性の違いが関与しているものと考えられる

検索番号6K003

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら