揮発性有機化合物のフィルム透過性評価

印刷する

概要

フィルムのガス透過性試験は酸素、二酸化炭素、水蒸気等で行うことが一般的である。
常温でガス状になる揮発性有機化合物のフィルム透過性評価方法を開発したので、試験方法と透過性評価結果を紹介する。

試験方法

評価容器

容器の上部と下部の間にフィルムを挟む

測定例 揮発性化合物Aの透過曲線

時間の経過と共に化合物Aがフィルムを透過し、容器下部から上部へと移行していることが分かる

揮発性有機化合物の
フィルム透過性能が評価できる

検索番号6H004

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら