絶縁体中の空隙の非破壊検査(2)

印刷する

概要

IEC 60664-1に準拠した試験では、電圧を一定時間保持した際の電荷量の測定を行う。
本試験により、試料内部の空隙(ボイド)の状態を簡便に検査できる評価方法である。

評価 空隙(ボイド)の観察

測定例 部分放電試験による良品・不良品の比較

Q-T試験にて不良品PPの電荷量が増大しているのに対し良品PPは増大していない非破壊で材料内部の欠陥を調べることができる

※複数のボイド等の電荷量を試験するものであり、特定のボイド単体の電荷量を試験するものではないので、ご注意下さい

検索番号6G013

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら