絶縁耐力(絶縁破壊電圧)の測定

印刷する

概要

固体電気絶縁材料が電圧に耐え得る能力を示す絶縁破壊電圧(kV)、 絶縁破壊の強さ(kV/s)、耐電圧を測定する。( ASTM D149,JIS C2110 )

特長

試験片形状シート: 100×100 mm
0.5 ~3 tmm
n = 5
フィルム: 100×100 mm
30 ~500 μm
n = 5

試験種類

試験方法 試験内容
短時間破壊法 電圧印加は原則として電圧を0から平均10~20秒で絶縁破壊が起こるような一定の速度で上昇させたときの破壊強さを求めます。
段階破壊法 短時間破壊電圧法で得られた破壊電圧の40%の電圧を20秒印加し、規定に従って順次電圧を上げ20秒印加しても破壊されないもっとも高い電圧を求めます。
耐電圧法 規定電圧を印加させ、規定時間保持し、破壊の有無を確認します。

検索番号6G002

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら