複合材料(異種材料接合、繊維強化樹脂)の弾性率測定
・高荷重粘弾性測定(DMA)
・SPMフォースカーブマッピング

印刷する

概要

自動車用軽量化材として異種材料接合、繊維強化樹脂が検討されている。重要物性である弾性率については高荷重対応やミクロレベルでの弾性率分布評価が可能となった。

高荷重粘弾性測定(DMA)

●複合材の引張り粘弾性測定
・CF,GF,CNF等による強化複合材の測定
・弾性率の温度依存性測定
・ブレーキパッド材の粘弾性測定

●ゴム材料の圧縮粘弾性測定
・動ばね定数測定の代替評価
・ゴム材料(タイヤ等)の制振性評価

●試験片の自由度
・劣化解析(弾性率低下、架橋密度評価)などで製品をそのまま測定できる
・他の物性試験(引張試験、シャルピー等)と同じ試験片(多目的試験片、ダンベル等)を使った比較

●その他高強度材料の測定
・形状記憶合金の転移温度測定

SPM弾性率マッピング

ブロックPP 内部のPP 相、EPR 相、PE 相のフォースカーブを測定し、得られた弾性率や付着力などの
物性値の分布を可視化することができる
低温から高温まで幅広い温度領域*1)に対応し、製品の実用温度での物性情報を取得できる

*1) -100℃〜200℃

●ブロックPP 内部のフォースカーブマッピング

検索番号6D009

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら