軽量化材:CFRP、CNF等の粘弾性測定
ー高荷重DMAー

印刷する

概要

繊維強化プラスチック高強度材料やゴム材料などが軽量化材として検討されている。この材料は高荷重に耐えうる装置で物性評価する必要がある。弊社で保有している動的粘弾性装置は、最大荷重 500Nの高荷重条件下で測定が可能である。

高荷重DMAの適用事例

●複合材の引張り粘弾性測定
・CF,GF,CNF等による強化複合材の測定
・弾性率の温度依存性測定
・ブレーキパッド材の粘弾性測定

●ゴム材料の圧縮粘弾性測定
・動ばね定数測定の代替評価
・ゴム材料(タイヤ等)の制振性評価

●試験片の自由度
・劣化解析(弾性率低下、架橋密度評価)などで製品をそのまま測定できる
・他の物性試験(引張試験、シャルピー等)と同じ試験片(多目的試験片、ダンベル等)を使った比較

●その他高強度材料の測定
・形状記憶合金の転移温度測定

高荷重DMAの仕様

分析事例 繊維強化複合材の温度依存性測定

従来は「曲げモード」でしか評価できなかった高弾性率材料が、「引張モード」で測定できるようになったことで、異方性の評価等も可能となった

検索番号6D008

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら