ブロー成形加工性を知るための一軸伸長粘度測定

印刷する

概要

ブロー成形や真空成形の過程において、樹脂は伸長変形を受ける。
伸長変形時の粘度(伸長粘度)とその変化(ひずみ硬化性)を測定することで、成形加工性と関連した情報が得られる。回転型レオメータを用いることで、一定温度、一定ひずみ速度における一軸伸長粘度の測定が可能である。

何がわかるか

  • 一軸伸長粘度値
  • ひずみ硬化性
  • 成形加工性(例) : ひずみ硬化性あれば成形性は良好

測定例

測定方法

試験条件(弊社の標準条件)
温度範囲 ひずみ速度範囲 試験片サイズ(長さ×幅×厚み)
25 ~ 250 ℃ 0.01 ~ 20 s-1 18 mm×10 mm×0.5 mm

粘度(伸長粘度値)とその変化(ひずみ硬化性)に影響する因子

  • 分岐鎖の有無および分岐鎖の量
  • 高分子量成分の存在
  • フィラーの有無およびフィラーの種類

検索番号6D007

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら