耐震マットの物性評価

印刷する

概要

接着性に差異がある2つのウレタン系耐震マットについて、粘弾性評価およびパルスNMR測定による分子運動性評価により比較検討を行った。

各測定手法によりわかること

タック測定 :耐震マットを固定する接着性の指標でマットを剥がすのに必要な力に相当
粘弾性測定 :貯蔵弾性率(E’)、損失弾性率(E’’)、tanδ(E’’/E’)が求められる
  • 貯蔵弾性率(E’)架橋度の指標で数値が高いほど架橋度が高い
  • tanδ 振動吸収性、ガラス転移温度の指標で数値が高いほど振動吸収性が大きい
パルスNMR測定 :分子運動性の比較(動きの異なる成分の比率と運動の速さ)

製品Bは低温でも高い接着性能を示す

製品Bは相対的な架橋度が低く、振動吸収性が高い
また、低温でガラス転移を示す成分が見られる

  • 接着性能の高い製品Bは製品Aより相対的な架橋度が低く、振動吸収性で優れていることが確認された
  • 製品Bは低温でも運動性の高い部分があり、これにより低温でも高い性能を有していると推察する

検索番号6D006

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら