動的粘弾性測定

印刷する

概要

動的粘弾性測定では、材料の持つ性質を弾性成分と粘性成分に分けて評価することが可能である。
この測定で材料の弾性率変化、ガラス転移温度などを知ることができる。

動的粘弾性測定の概念

測定例

ポリプロピレンシートの
温度依存性測定
溶融状態のポリエチレンの
周波数(速度)依存性測定
→弾性率変化の他、ガラス転移温度や
 衝撃吸収性に関する情報など
→成型時の挙動に関する情報や
 粘度曲線など

その他、目的に応じて以下のような方法で測定可能

・時間依存性測定 ・ひずみ依存性測定 ・湿度依存性測定
・水中測定 ・硬化反応(熱・紫外線)追跡 ・・・など

検索番号6D001

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら