透明フィルム、シートの鮮明さを測定するアッベ数と屈折率の測定

印刷する

概要

アッベ数(Abbe’s Number)は、透明なプラスチックフィルムやシートを通過する光の色分散をあらわし、アッベ屈折計で測定する。数値は3波長(C線、D線、F線)に対する屈折率を測定し算出される。波長による屈折率差が小さいと数値が大きくなり、そのような材料を透かして見ると物の輪郭が鮮明に見える。

屈折率の原理

アッベ数の原理

アッベ数は、3波長(C線、D線、F線)の屈折率を測定し、以下の式から求める

アッベ数=(nD-1)/(nF-nC)

nC:C線で測定した屈折率(波長656nm)
nD:D線で測定した屈折率(波長589nm)
nF:F線で測定した屈折率(波長486nm)

測定例

プラスチック材料の屈折率とアッベ数
(文献値)
材料名 屈折率
(nD:589nm)
アッベ数
PMMA 1.492 58
PC 1.584 30
ポリスチレン 1.592 31
PET 1.576 39

材料により屈折率、アッベ数は大きく異なる。
光学材料としては高屈折率でアッベ数の大きいものが望まれる。

屈折率の波長・温度依存性
(試料:ポリカーボネートフィルム)

屈折率は光の波長、温度によって変化する。
短波長の光はより大きく屈折し、屈折率は大きくなる。また温度が高くなると屈折率は小さくなる。

検索番号6B001

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら