CNF樹脂中分散状態観察
X線CT、TEM

印刷する

概要

CNFを用いた繊維強化プラスチックが開発されており、樹脂への分散や界面の状態を観察することが必須である。X線CTで非破壊検査が、TEM新規前処理方法で樹脂のラメラとCNFの分散状態観察が可能となった。

X線CT観察

樹脂中に分散させた天然繊維の非破壊分散状態観察が可能になった

3軸の断面観察から断面A、Bにて繊維長の長いものが見られ、C軸方向に繊維が配向していることがわかった

測定装置に入れられる試料サイズ上限:約 4mm角観察エリアサイズ(3D 測定できるエリアサイズ上限)
:1mm程度まで観測でき、ピクセル分解能 は 0.27 ~ 4μm/voxcel。繊維強化樹脂の分散状態、
繊維の配向性、成形品の微小ボイドの場所確認に有効である

TEM観察

新規前処理方法により、PE樹脂中に分散させたCNFミクロフィブリル構造の観察が可能になった

検索番号4076

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら