二次電池の内部観察
-X線CT法(大型試料仕様)-

印刷する

概要

大型試料仕様の測定では、ワーキングサイズ(測定装置に入れられる試料サイズ上限):70mmφ×90mm観察エリアサイズ(3D測定できるエリアサイズ上限):70mmφ×35mm程度まで観測でき、ピクセル分解能は5μm/voxcel~144μm/voxcelとなる。
電子デバイスを非破壊で観察可能であり、電池積層構造、成形品のボイドなど成形不良の解析に有効である。

分析例 スマートフォン用リチウムイオン電池の観察

・X線CTにより電極の層状構造を確認
・観察方向A:亀裂を含む不具合部はセルの横幅全域に存在
・観察方向B:亀裂に加え、電極の段差も存在
・観察方向C:電極間で厚みムラが存在

検索番号4075

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら