非破壊3次元内部観察
-X線CT-

印刷する

概要

X線CTはX線の特徴(※1)を利用して、試料にX線を照射し得られるX線透過像(※2)
様々な方向(角度)から撮影し、コンピュータで3次元に再構成して、立体像を作製し、立体像を基に「見てみたい面(任意の切り口)」でのX線透過像を得る方法。
試料の内部構造を非破壊で3次元的に深さ方向まで評価できる。
電子密度差がコントラストに反映されるので、繊維強化樹脂のフィラー分散状態、電池の積層状態、および成形品内ボイドの非破壊解析が可能である。

(※1) X線は波長0.001nm~10nmの電磁波であり、試料中の物質に吸収されながら試料中を透過する。
(※2)試料中に複数の物質がある場合、各々の物質の密度が異なると、X線吸収係数が異なるため、各々の物質の密度差がX線像のコントラストに反映される。

測定概要

X線CT分析の分解能と対象サイズ

  高分解能仕様 大型試料仕様
検体サイズ 約4mm立方 約50mm立方
測定エリアサイズ 最大で 1mm立方程度
(ピクセル分解能4μm時)
最大で20mm立方程度
(ピクセル分解能100μm時)
ピクセル分解能 0.27~4μm/voxel 5~144μm/voxel
適用できる例 ・繊維強化樹脂のフィラー分散
・プラスチック成形品の微小ボイド
・プラスチック成形品の内部構造、ボイド
・電池の内部構造

検索番号4073

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら