異種材料の接合界面評価(2)

印刷する

概要

金属/樹脂などの一体化成形による軽量化技術が注目されており、電子機器や自動車などの幅広い分野で製品化されている。この金属/樹脂の接合界面を評価することにより、接着強度の発現や劣化メカニズムの解明につながる有用なデータが取得できる。

アルミニウム/PBT樹脂の界面の構造解析

■断面SEM観察像

■断面TEM観察像

サンプルAは、アルマイト(陽極酸化処理)特有の多孔質層が観察され、孔への樹脂の侵入により密着性の向上が図られていることが推察される
一方サンプルBは、特殊な化学処理により表面積を大きくし、樹脂との密着性を向上させていると推察される

検索番号4071

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら