複合材中のCNF分散状態評価(2)
ミクロフィブリル構造

印刷する

概要

CNFの最小繊維構造(ミクロフィブリル)は2~10nm程度であり、樹脂中に微分散すると判別が困難となる。独自開発の染色技術と電子顕微鏡観察技術を組み合わせることで、樹脂中にミクロフィブリル単位で分散したCNF観察が可能となった。ここでは2種類のCNF観察事例について
紹介する。

分析試料

柑橘類の中果皮および海藻よりCNFを抽出し、樹脂(ポリエチレン:PE)と複合化した

TEM観察

検索番号4066

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら