ポリマー複合材料、ナノコンポジット材料の内部構造解析 TEM

印刷する

概要

ポリマー複合材料、ナノコンポジット材料は、近年、自動車、情報機器分野など幅広い領域で、軽量化、低環境負荷材料として注目されている。独自開発の前処理技術を使った電子顕微鏡観察で、ポリマー複合材料、ナノコンポジット材料中の繊維、フィラー、ナノフィラーの分散性評価、界面構造解析を提供する。

分析例 透過型電子顕微鏡観察結果

ガラス繊維とポリマーの界面状態を観察可能

炭素繊維(CF)/ポリマーの界面構造およびCFがポリマーの結晶構造(ラメラ)に及ぼす影響評価

セルロースナノファイバー相内の状態を観察可能

ナノフィラーの分散状態を観察可能

検索番号4061

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら