フィルム表面の表面特性総合評価 -X線光電子分光(XPS)など -

印刷する

概要

プラズマ処理を施して表面改質したPP表面を①表面物性(接触角)、
②表面形状(AFM)、③表面組成(XPS)の解析を行い、総合的に評価した。

分析例 プラズマ処理前後のPP表面評価

①プラズマ処理前後の接触角を比較すると、プラズマ処理後はPP表面の濡れ性が向上していることがわかる
②AFMで表面形状を比較すると、表面粗さは同等であることがわかる
③XPSの結果からプラズマ処理前後で表面の組成に変化がみられた
以上のことから親水性向上の主な要因は、炭素-酸素結合が生じたことによる表面の組成変化と考えられる

検索番号4052

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら