ポリマーアロイの相分離構造を観る-ダイナミックフォース顕微鏡-

印刷する

概要

ダイナミックフォース顕微鏡(DFM)により、ポリマーアロイの相分離構造を観ることができる。

原理

DFMでは試料表面の吸着力、硬さや軟らかさなどを反映して入力信号と出力信号の位相に差が見られることを利用し、アロイ材料表面の粘弾性特性の差を評価できる

分析事例 PPとゴムのアロイ

位相像で明るいコントラストで観察されている部分がゴム部、暗い部分が樹脂部DFMによりポリマーアロイの相分離構造が評価できる

応用

  • ポリマーブレンド、接着などの界面および厚みの評価ができる
  • 温度可変測定によるポリマー表面のラメラ構造変化のその場評価などに有効

検索番号4050

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら