ABS樹脂の破面解析-SEM-

印刷する

概要

シャルピー衝撃試験および曲げ疲労試験で物性に差があった2種類のABS樹脂について破断面を走査電子顕微鏡(SEM)で観察し、破断面と物性試験結果に相関が認められた事例を紹介する。

ゴム粒子TEM観察

シャルピー衝撃試験後の破断面(SEM)

・衝撃値 大
・樹脂の延びが大きい、延性的な破面

・衝撃値 小
・樹脂の延びが小さい、脆性的な破面

曲げ疲労試験後の破断面(SEM)

・破断回数 450万回(繰返応力9.1MPa)
疲労破壊特有の貝殻模様を鮮明に観察

・破断回数 55万回(繰返応力9.1MPa)
・貝殻模様がみられない

検索番号4047

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら