チューブの破面解析-SEM-

印刷する

概要

破面解析は、製品破面をSEM観察することで破損に至る履歴や不良個所を読み取って破損原因を解明する手法である。破損したチューブの破面解析を行い破断の起点を特定し、顕微IR分析で劣化原因を推定した事例を紹介する。

チューブ外側外観像

空気漏れ箇所には、チューブの長手方向に約5mmのクラックが認められた

クラック個所を拡大観察すると、円周方向にも微細なクラックが生じていた

破断面SEM像からの破面解析

・破断面観察より破損の起点を特定
・起点はチューブの内側で扇状に外側に向かって破壊は進行
(樹脂の延びの少ない脆性的な破面)

・顕微IR分析により、樹脂の酸化劣化状態が推測できる

検索番号4046

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら