材料表面の親水性・疎水性評価
-水蒸気吸着法・化学力顕微鏡(CFM)-

印刷する

概要

材料の親水性・疎水性評価に関して、接触角測定が出来ない試料(例:粉末)では、水蒸気吸着法で評価できる。また、CFM(化学力顕微鏡)で親水基との相互作用が強い表面官能基の分布を評価できる。

水蒸気吸着法による材料表面の親水性疎水性評価

水蒸気吸着法によるポリマーの吸着等温線

吸着等温線の形
⇒固体表面への水蒸気の吸着の仕方

ナフィオンでは、低圧部での水蒸気吸着の度合い(傾き)が大きく、ポリイミドよりも親性が高いことが分かる

化学力顕微鏡(CFM)を用いた材料表面の表面官能基の評価

CFMによるポリマー表面の摩擦力

 

CFM分析により、ナフィオンはポリイドミと比べてその表面は水酸基との相互作用が強く、親水性の度合いが高いと考えられる

検索番号4045

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら