XPSによる高分子フィルム表面分析

印刷する

概要

高分子フィルムは表面処理によって物性を大きく変化させることができる。X線光電子分光法(XPS)は、材料表面の微小nm領域の官能基を分析できるので、表面処理による物性変化と構造変化の相関を検討するのに有効である。

分析例 ポリエチレンテレフタレート(PET)フィルム表面のプラズマ処理

図2 プラズマ処理前後のXPS-C1sスペクトル

  • 図1よりPETフィルムをプラズマ処理するとフィルム表面が親水化されることがわかる
  • 図2よりプラズマ処理前後のXPS_C1sスペクトルを比較することにより、炭素の結合状態が変化し、C=O結合の割合が増加していることがわかる
    プラズマ処理によってC=O結合が生成し親水性化に寄与していると推測できる

検索番号4041

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら