リチウムイオン二次電池
正極材の寿命試験前後の比較分析

印刷する

概要

リチウムイオン二次電池の寿命試験により性能低下した正極材を評価するには、深さ方向でのEELS測定が有効である。

装置:電界放出型透過電子顕微鏡(FE-TEM)
機能:電子エネルギー損失分光法(EELS、Electron Energy Loss Spectroscopy)

正極材の透過電子顕微鏡(TEM)断面像

寿命試験前

寿命試験後

TEM像から寿命試験後では正極表面に変質層(黒色)が観察された

正極材の電子エネルギー損失分光(EELS)スペクトル

深さ方向におけるCo-L2,3 edge近傍のEELSスペクトルの比較

劣化により正極表面で低価数のCo酸化物が生成
このため、寿命試験後の正極表面側でCo-L2,3edgeが低エネルギー側にシフトしている

検索番号4027

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら