高塩濃度中の微量元素の定量

印刷する

概要

  • CMPで使用される研磨液中の微量金属/無機元素の定量における課題は、ケイ素などの主成分(%レベル)による妨害ないし汚染です。
  • 比較的汚染に強い発光分析法に発光検出のスループットを向上させた新型装置で10ppbまでの微量元素を定量いたします。
  • 分析手法 誘導結合プラズマ原子発光分析法 同軸方向観測型トーチ方式

新型トーチによるスループット

  • 発光プラズマの観測ゾーンを従来の点(縦型)から横(横型)にすることによって、検出器に入るフォトン量を増加させることが可能になりました。
  • 自己吸収などによるバックグランドの上昇もエアーナイフにより改善する工夫が施されています。

検索番号3013

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら