リチウムイオン二次電池
キャピラリー電気泳動(CE)による電解液の分析

印刷する

概要

現在のリチウムイオン二次電池は、含酸素有機化合物中に種々のリチウム塩などの電解質を溶解した電解液を使用している。
電解液をキャピラリー電気泳動装置(CE)に導入することで、溶解している電解質や充放電を繰り返すことにより変質した電解液中のイオンの定性、定量を効率よく行なうことができる。

分析例

①電解液の成分であるホウフッ化物イオン(BF4- )、リンフッ化物イオン(PF6-) 、リチウムイオン(Li+)の比較分析

②劣化電解液中のフッ素イオン(F-)、リン酸イオン(PO43-) 、ホウ酸イオン(BO33-)、硫酸イオン(SO42-)の比較分析

検索番号3011

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら