樹脂中ハロゲン元素の定量分析

印刷する

概要

燃焼ガス吸収とイオンクロマト分析により、樹脂系試料について、RoHS等の規制対象であるBrなど、ハロゲン元素の定量分析をおこなうことができる。

分析例:プラスチック標準物質中の全Br量分析

[方法]:試料を(Ar+O2)気流下、900℃で燃焼させ、ガス化したハロゲン成分を水系吸収液に吸収させる。こうして得られた吸収液をイオンクロマトで分析し、ハロゲンを定量する。

[試料]:JSAC0641認証標準物質(PBDE類): (社)日本分析化学会
[結果]:全Br定量分析結果: 弊社およびJSAC共同実験の結果

Br濃度(単位:μg/g) 標準偏差
共同実験 170±5
(認証値±不確かさ)
9
(参加試験所間)
弊社分析結果 169 2
(弊社内複数回試行)

検索番号3005

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら