液晶中のイオン成分の分析

印刷する

概要

液晶ディスプレイの表示不良を起こす原因に一つに、パネル内のイオン伝導があります。このイオン伝導は、液晶材料・配向膜・シール剤などの材料や製造過程で混入するイオン(不純物)によって生じ、その種類や濃度に依存します。

伝導を引き起こすイオンには金属イオン・無機陰イオン・有機酸などがあります。一般的にこれらの分析には、イオン伝導度を測定して、その結果を特定のイオン濃度に換算するという方法が用いられていますが、キャピラリー電気泳動装置を用いれば、液晶中に含まれているイオンを分離し、定性・定量することができます。さらに、得られた結果を検討することによって、不純物の混入源の特定や影響イオン種の解明が可能になります。ここでは、混入する陽イオン性物質を調べるため、液晶による抽出(モデル実験)を行った分析結果を紹介します。

測定例

抽出を行った液晶のエレクトロフェログラムを左図に示しました。
不明成分1成分を含め、6種類の陽イオン成分を検出しました。

定量:
標準試料による検量線を作成すれば、検出成分の定量分析も可能となります。

検索番号3002

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら