接着剤の組成分析-1液性エポキシ樹脂系-

印刷する

概要

1液性エポキシ接着剤は、主剤のエポキシ樹脂に対して硬化剤や硬化促進剤等が混在しており、加熱することでそれぞれの機能が発現され硬化反応が開始する。
既存製品の組成分析をすることで、以下の利点がある。

  • 自社開発品の参考知見を得る
  • 不具合発生の予測につながる

熱硬化型接着剤の他に、UV硬化型接着剤の分析実績がある。

分析の流れ

分析例 硬化剤とエポキシ樹脂の分析

図1.硬化剤のIRスペクトルと検索結果 ⇒硬化剤はジシアンジアミドと解析

図2.エポキシ樹脂のFD/MSスペクトル ⇒エポキシ樹脂はクレゾールノボラックエポキシ樹脂と解析

検索番号2019

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら