分析事例)トルエン中の類似芳香族化合物定量分析

印刷する

概要

ポリマーを重合する際に、溶媒として使用されるトルエン中には類似芳香族化合物が含まれている場合がある。特に規制の厳しいベンゼン、エチルベンゼン、キシレン類(BEX)の含有量を把握しておくことは、最終的に製品に含まれる規制成分量を把握する上でも重要である。

分析方法

分析例-トルエン中のBEX定量分析-

・ベンゼンの抽出イオンクロマトグラム 定量下限:0.01ppm

・エチルベンゼン、キシレン類の抽出イオンクロマトグラム 定量下限:0.1ppm

定量結果 単位 ppm(wt/v)
ベンゼン エチルベンゼン m,p-キシレン o-キシレン
< 0.01 < 0.1 0.1 0.1

検索番号2006

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら