表面ブリード物の分析

印刷する

概要

フィルムや成形品に生じる下記のような不具合は、表面のブリード物(添加剤やオイル)が原因の場合がある。このブリード物を明らかにすることで、フィルムや成形品など不具合の対策を講じることができる。

物性: ヒートシール強度不足、ピール性不良
外観: 白化、ブルーム、光沢異常、汚れ
感触: ベタツキ、滑り異常

分析の流れ

前処理
表面拭取り

定性分析
ガスクロマトグラフ/質量分析(GC/MS)
電解脱離-質量分析(FD-MS)
赤外分光分析(FT-IR)

定量分析
ガスクロマトグラフィー(GC)
誘導体化・ガスクロマトグラフィー(GC)
液体クロマトグラフィー(LC)

定性分析例

フィルムブリード物のFD-MSによる定性

強く検出される分子イオン(分子量)よりブリード物を定性

長年のポリマー分析経験を活かして、種々の分析方法をご提案
添加剤の標準品は約450種所有

検索番号2003

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら