ポリマー末端基の解析

印刷する

概要

核磁気共鳴(NMR)を用いてポリマーの主構造や末端基、部分構造などの解析を行っている。
とくに末端基は熱安定性,加水分解性,結晶性といった諸物性に影響を与えることから、その構造を解析することは非常に重要である。弊社ではNMRの各種手法を活用し、その微量構造を解析する。

分析事例 ポリオレフィン中の微量末端二重結合定量

・クライオNMRとプレサチュレーションにより極微量の二重結合が検出可能である

PETの微量末端基の構造解析

検索番号1058

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら