添加剤の微分散状態評価
− nanoIRイメージング −

印刷する

概要

nanoIRイメージングは数百nmの空間分解能を有する局所赤外イメージング法である。特定波長のIRレーザーを照射しながら試料を走査し、各点で生じたIR吸収に伴う熱膨張をAFMの探針で検出することにより、走査面内のIR吸収強度分布(組成イメージ)を得る。AFMの原理を利用しているため、従来法(顕微IR)では困難だったサブμmスケールで微分散した有機成分の状態を評価するのに適している。

試料

可塑剤を含浸させたポリスチレン板

分析事例 添加剤の分散状態評価

ポリスチレン板表面には可塑剤が存在、内部には認められない

検索番号1052

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら