プラスチック中の微小有機物の同定、分散評価
− nanoIR −

印刷する

概要

nanoIRは,原子間力顕微鏡(AFM)の原理を利用した局所-赤外吸収分光法である。従来の振動分光法(顕微IR・ラマン)では困難だった微小有機物(サブμmオーダー)の定性分析やその分散状態を評価できる。

原理

・原子間力顕微鏡(AFM)にIRパルスレーザーが組み込まれた装置構成
・AFMカンチレバー(探針)を用い、赤外吸収に伴う熱膨張を探針の変位として検出する
・サブμm程度の空間分解能でスペクトル測定や組成イメージングが可能

分析事例1 微小異物の同定

分析事例2 コーティング薄膜の組成分析

分析事例3 ポリマーブレンド相分離の可視化

分析事例4 添加剤の微分散状態

検索番号1051

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら