オレフィンポリマーの組成・分子量分布評価技術-高温LC法-

印刷する

概要

オレフィンポリマー構造の組成・分子量分布の最新評価技術を紹介する。
高温LC法は、従来のTREF法に比べ分離可能なエチレン含有量の範囲が広く、共晶化分離攪乱の影響が小さいという特徴がある。また、TREF法より測定時間が40%短縮できた。

TREF法:Temperature Rising Elution Fractionation(昇温溶出分別法)

測定原理

吸着材との相互作用の違いで保持時間が異なる
吸着材にグラファイトを使用することでPEを効率よく選択的に吸着

測定例 オレフィンポリマー・コンパウンド測定

他法との比較

  • 高温LC法は従来のTREF法と比較して分離可能なエチレン含有量の範囲が広く、共晶化分離攪乱の影響が小さい特徴を有す
  • TREF法と比較した場合、測定時間は40%短縮
分離方法 分離情報 定量 測定時間
分離可能範囲 備考 検出法 得られる情報
高温LC法 ○ 0~10, 60~100
(エチレン含量,モル%)
C2系ポリマーで共晶なし ○ 赤外
(オンライン)
組成 ◎ 80分
TREF法 △ 0~10, 80~100
(エチレン含量,モル%)
共晶化、分離攪乱の危惧 △ 24時間
デカン分別法 × 2分画
(結晶部&ゴム部)
  ◎NMR
(分画物ごと)
組成,連鎖長,
立体規則性など
△ 8時間+7時間

検索番号1047

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら