ポリマーアロイの相分離構造を観る - nano IR -

印刷する

概要

樹脂・ゴムのポリマーアロイの相分離構造を、nano IRで分析した。特定波数を指標として規格化(イメージング)したときの組成像から、100nm程度の分解能で樹脂、ゴム等の組成の違いを検出できる。

原理

 nano IRでは、赤外吸収による熱膨張に伴う表面変位を検出し、
 100nm程度の分解能での組成分析とその分布を可能にする

分析事例 PPとゴムのアロイ組成像

組成像で明るいコントラストで観察されている部分が樹脂部、暗い部分がゴム部である
nano IRにより、ポリマーアロイの相分離構造が評価できる

応用

 熱特性情報、機械強度の情報も併せて取得することができるので、
 物性情報と組成情報を総合的に評価することができる

検索番号1045

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら