ナノサイズ異物の同定-nano IR-

印刷する

概要

nanoIRはAFMとIRを組合せたナノスケール分解能を実現する分析手法である。高分子材料中の微小異物(数μm)の組成を特定することができる。
nanoIR手法を使えば微小異物の組成情報のほか、熱特性情報、機械強度、表面粗度の情報も得ることができる。

原理

ZnSeプリズム上に薄切片試料を置きチューナブルパルスレーザーを照射すると、試料が赤外光を吸収して瞬間的な熱膨張が起きる。
この熱膨張の変位をカンチレバーで検出し、各波長での変位をプロットすると、赤外スペクトルに近似したデータとなる。

波長

測定例 高分子材料の白化原因解析

白化したフィルムのSEM観察より粒状物(数μm)の存在を確認し、白化原因と推定。
nanoIR分析により、粒状物は混入したPC+PBT樹脂と推察。

検索番号1042

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら