ゴムの劣化解析-分子運動性との相関-パルスNMR-

印刷する

概要

ゴムは劣化により柔軟性が低下し、圧縮永久ひずみ(CS)が大きくなる。パルスNMRでCSと分子運動性の相関を解析し、劣化度合い(寿命予測)の指標として用いることが可能である。

圧縮永久ひずみ(CS)とパルスNMRの分子運動性の相関

  • 劣化条件に関わらずCSとパルスNMRの横緩和時間(T2)と相関関係を確認
  • CSとT2関係より、パルスNMRを測定することで、実際の経年使用品の寿命予測可能
  • 残存の可塑剤量、膨潤度の測定を組み合わせることにより、CS低下の要因解析可能

圧縮永久ひずみ(CS)とパルスNMRのT2値との相関 実配合ゴムにおける検量線

パルスNMRの利点(CS測定との比較)

  パルスNMR 圧縮永久ひずみ(CS)
サンプル形状 形状問わない 直径29mm、厚み12.5mmの円柱状
サンプル量 1g
測定時間 1分以内 最短24時間
評価対象 ゴム自体
(無機フィラー、発泡の影響除く)
添加物含む

検索番号1041

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら