オレフィン系エラストマーの組成分布解析
-高温GPC-IR法-

印刷する

概要

熱可塑性エラストマーとして知られるオレフィン系エラストマーは、樹脂改質(衝撃性やヒートシール性の改善など)や軟質である特徴を活かし、自動車材、フィルムから雑貨まで、幅広い用途に利用されている。オレフィン系エラストマーの性能は、その組成(コモノマー種類、量およびその分布)に依存するため、これらを解析することは重要である。

当社では高温GPC装置にIR検出器をオンラインで接続することは、オレフィン系エラストマーの分子量別コモノマー組成情報解析を実現した(高温GPC-IR法)。

何がわかるか


測定例(エチレン・1-オクテンランダム共重合体)

1-オクテン含量の定量値
13.5mol%(GPC-IR法)
13.1mol%(13C-NMR法:基準値)

  • エラスマー中の1-オクテン含量は、基準値とほぼ一致
  • 分子量ごとの1-オクテン含量は、分子量に依存せずほぼ一定

検索番号1040

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら