昇温過程におけるポリマーの構造変化の解析

印刷する

概要

ポリプロピレン(PP)成形品の中にはポリマーの結晶が存在している。そして、このポリマーの結晶の量、質、サイズ、並び方などによって成形品の物性(耐熱性、強度など)が変化する。ポリマーの結晶に関する情報はX線構造解析によって得ることができ、材料開発やトラブル解決等に役立っている。

X線を利用したポリマーのの構造変化の解析

  • 高輝度X線、高感度検出器で測定できる弊社装置なら、短時間測定が可能
  • 一般的な装置では不可能な加熱時、延伸時などの構造変化を解析することができる

●DSC測定時の構造変化の解析 (例:PP成形品)

●昇温過程におけるポリマーの構造変化解析 DSC測定と同条件で昇温しながら測定することで、DSC測定時の構造変化がわかった

検索番号1038

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら