パルスNMRによる硬化樹脂の状態解析

印刷する

概要

エポキシ等の熱硬化樹脂における硬化度合いの比較と硬化過程をパルスNMRを用いた分子運動性の変化から解析することができる。

測定用試料はどのような形状でも無機物が含まれていても少量・短時間で測定可能

パルスNMRによる樹脂の硬化度合い解析(イメージ図)

パルスNMRによる3成分近似解析と
高分子鎖の分子運動性

架橋高分子の模式図

Hard成分: 架橋により分子運動性がほとんどない状態
Mid成分: 架橋により分子鎖の運動性が制限された状態
Soft成分: 架橋による影響が少なく分子鎖が動ける状態

測定例 硬化条件の違いによるエポキシ樹脂の硬化度比較

反応過程における経時変化(未硬化成分量)

30分硬化反応後の硬化状態
  A条件 B条件
Hard 28% 46%
Mid 50% 40%
Soft 22% 14%

検索番号1033

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら