クロス分別クロマトグラフ(CFC)分析(3)
-熱可塑性エラストマーを含むブレンド物の結晶化度/分子量2次元分布測定-

印刷する

概要

熱可塑性エラストマーは結晶性の低い成分を多く含むため、結晶化度分別に基づく昇温溶出分別法(TREF法)や一般的なクロス分別クロマトグラフ法(CFC法)の適用が困難な材料のひとつです。

今回、クロス分別クロマトグラフ(CFC)分析の測定温度下限を-20℃まで拡張することで、マイナス温度領域での結晶化度分布評価が可能となりました。

測定例

試料:熱可塑性エラストマーと直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)のブレンド物

昇温溶出分別(TREF)曲線表示

等高線図表示

クロス分別クロマトグラフ(CFC)分析の結果、重量平均分子量(Mw)で見た場合、熱可塑性エラストマー成分は、直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)成分に比べて低分子量であることが鮮明にわかります。

検索番号1031

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら