クロス分別クロマトグラフ(CFC)分析(1)
-昇温溶出分別装置(TREFカラム)を用いた共重合体の結晶化度分布測定-

印刷する

概要

昇温溶出分別法(TREF法)は、オレフィン系高分子を分析対象としたカラム分離法の一種です。クロス分別クロマトグラフ(CFC)装置に内臓されたTREFカラムを使用して分離が達成されます。分離は結晶化度の違いにもとづき実現されるため、TREF法により高分子の結晶化度分布を評価することができます。

結晶化度がコモノマー含量に相関するオレフィン系共重合体の場合、TREF法による結晶化度分布評価は組成分布を評価することと同じです。エチレンとα-オレフィンの共重合体である直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)の組成分布評価にはTREF法が用いられます。

測定例

  1. 溶媒に溶解させた高分子をTREFカラムへ注入
  2. 一定の速度で降温してカラム担体に結晶化させる
    このとき結晶性の高い分岐の少ない成分が最初に結晶化され、温度の低下に伴って結晶性の低い分岐の多い成分が結晶化される
  3. その後、逆に昇温させることで結晶性の低い成分から高い成分へ順に溶出し、短鎖分岐度による分別がおこなわれる

クロス分別クロマトグラフ(CFC)装置
(TREF分離とGPC分離が可能)

検索番号1029

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら