広角X線回折による試料延伸時の結晶性変化測定

印刷する

概要

ポリオレフィンなどの高分子試料を延伸、保持しながらX線回折(XRD)測定することにより、延伸時における試料の結晶性及び配向性を評価する。

測定例

PE系ゴムシートの延伸に伴う結晶化度及び配向度の変化

試料サイズ: 幅7mm以下
長さ26mm以上
厚さ2mm以下
延伸倍率: 1倍(0%歪み)~6倍(500%歪み)
延伸速度: 1~1000μm/sec

※試料加工・前処理、測定条件は別途ご相談

解説

  • 一般に延伸倍率が大きくなると、配向度・結晶化度とも増加する
  • 今回の測定では、延伸初期には配向度上昇率がやや高いが、結晶化度は線形的に上昇していることがわかる

検索番号1022

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら