蛍光スペクトル測定

印刷する

概要

励起波長を1~10nm間隔にステップさせ蛍光スペクトルを測定し、その物質がもつ蛍光特性を全波長領域で観察します。

原理

紫外光・可視光を吸収し、第一励起状態の分子・イオンが基底状態にもどる際に放出する光エネルギー(蛍光)を測定します。

ジャブロスキー・ダイアグラム

代表的な蛍光物質

キニーネ

ローダミンB

フルオロセイン

測定例

黄色蛍光塗料の3次元蛍光スペクトル

励起波長450nm、蛍光波長500nmの蛍光物質が含まれていることがわかります。
測定例の他、樹脂中の添加剤の蛍光特性の評価等が可能です。

試料形態:液体・粉体・フィルム等

検索番号1016

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら