FT-IRによる熱硬化樹脂の反応追跡

印刷する

概要

熱硬化樹脂をホットステージで加熱しながらFT-IRで連続測定することにより熱硬化反応を追跡することができる

測定例 イミド化反応の追跡

ポリイミドは電子材料および機能材料で広く利用される
アミック酸が加熱によりイミド化する反応をFT-IRで追跡した

<加熱前・後のIRスペクトル変化> ポリアミック酸を加熱すると1725cm-1、1366cm-1にイミド基由来の吸収が現れる。1366cm-1のイミド基C-N伸縮振動からイミド基の生成を追跡する

<イミド化温度を変えて反応を追跡> イミド化温度を変えて反応追跡した。温度によりイミド化率が異なることが判る

<組成が異なる樹脂のイミド化反応を追跡> 組成が異なる樹脂の反応追跡を行った
樹脂により、1)イミド化開始温度、2)イミド化速度、3)イミド化率が異なる

検索番号1012

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら