顕微レーザーラマン分光光度計
Micro LaserRaman Spectrometer

印刷する

原理

干渉という光の波動性を利用し、試料がある場合と無い場合のインターフエログラムを測定し、フーリエ変換することでスペクトルを得ます。

特長

  • 前処理がいらず、水・ガラスセルが使用できる。
  • 顕徴測定での空間分解能は赤外吸収法より高い(1μm)・ラマンバンドによるマッピングが可能。

測定例

検索番号1010

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら