ウレタンの物性評価

印刷する

ウレタンの種類

  • 軟質、硬質フォーム
  • 熱可塑性ウレタン
  • ウレタンエラストマーなど

測定手法

  • パルスNMR(分子運動性)
  • 粘弾性(物性の変化)
  • DSC(熱量変化)
  • 赤外吸収スペクトル(構造変化)など

ウレタンの特徴

主にソフト相とハード相の2相構造を形成し、多用な製品構造を有する。

解析例:軟質ウレタンフォーム

<パルスNMRによる分子運動性解析:存在量と運動性比較>

パルスNMRの生データ

ポリオールの分子量とT2の関係

検索番号1005

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら